積み重なった本

問題集を解く

テキストを繰り返し読むだけの学習方法では、土地家屋調査士を目指す際に非効率的だということを理解しておきましょう。テキストを丸暗記すれば試験本番で問題が解けると勘違いしている人がいます。しかしながら、そのような勉強では語学が遠のいてしまいます。それでは、どのような勉強方法が土地家屋調査士の資格取得に有効なのでしょうか。まずは、過去問題集を解いてください。過去問題集を解くことで、土地家屋調査士の問題傾向を理解することができるのです。テキストを読むのではなく、問題集を解くことを優先してください。論点を解説しているのがテキストですが、問題集を解くことによって論点を覚えていくという作業が効率的な勉強なのです。

テキストを1ページ目から読むことよりも過去問題集を解いた方が効率的な勉強をすることができます。土地家屋調査士の資格を目指している場合、効率的に勉強する必要があります。なぜならば、多くの人が働きながら勉強をしているからです。働きながら資格取得を目指す場合、その勉強時間の確保が問題となります。働きながら資格の勉強をするという事はタイムマネジメントを実践しなければなりません。空いている時間を有効に活用するためにも過去問題集の活用が有効です。過去問題集を解くことによって、それぞれの問題の論点を詳しく把握することができます。もちろん、問題を解くことと解説を読むことをセットで行ってください。解説集をテキストがわりに使うことをお勧めします。